Shcontemporary
9月10日から13日まで上海で開催されたアートフェア、Shcontemporaryに行ってきました。

今回はブースでの参加ではなく、Discoveryという24名の作家によるグループ展に宮永愛子が選ばれたので、そのために行きました。
Discoveryは森美術館の片岡真実さんがキュレーターになって作家を選んでいます。
選ばれた作家の中から3名が表彰されるDiscovery賞が設けられていますが、宮永も受賞しました。
そして、来年の秋にシンガポールに招待され展覧会をする事になりました。

a0128044_17391218.jpg

受賞作家と審査員
左からShi Qingさん、片岡真実さん、宮永愛子、大巻伸嗣さん、シルビアさん(Discovery賞審査員/ボローニャアートフェアのディレクター)、



a0128044_1738932.jpg

a0128044_1738455.jpg

Discovery展での宮永作品の展示風景

Shcontemporaryでは宮永愛子の作品は沢山の人に新鮮な驚きを持って受け入れられました。彼女の作品は展示中に変貌するプロセスを見る事が出来る希有なものです。

実はこの展示中にはハプニングがあり、私どもの近くの壁が15mに渡って倒れ、掛かっていた作品が下敷きになりました。幸い私たちの作品は大丈夫でしたが、フェアの壁が倒れるという事に大変ショックを受けました。これは施工がいい加減なのでしょうか、、、
a0128044_1617593.jpg


a0128044_17405177.jpg

D.T氏と指江君の作品の前で

Shcontemporary期間中はコレクター達が自分のオフィスを開放し、コレクションを見せる動きがありました。私どもの顧客の一人は上海にデザイン事務所を持っていますが、その4階建てのビルの各階で彼のコレクションを披露していました。
D.T氏は指江くんの作品を良い場所に展示してくれていました。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2009-09-15 17:49 | その他作家情報
<< 山口晃の「「すゞしろ日記」紹介... 鴻池朋子@Tokyo Visu... >>