市谷田町
いよいよ市谷田町の新ギャラリーが動き出します。
昨日、一昨日と引越しを敢行、自分達でレンタカーを借り運びました。
コピー機は専門業者に頼むと4.5万円も掛かると言うので皆で運びましたが、いやあ泣きました。
中目黒の2階から下ろし、市谷田町でも2階へ上げる苦行。
なにしろ120キロの精密機器。でも皆で力を合わせるのは気持ちが良いものでした。
運ぶ途中は、ああ節約して失敗したかなと何度も思いました。 
この時期に新ギャラリーに移転とは余程 懐に余裕と思われるかもしれませんが、
移転は中目黒の建物が本年末に取り壊しとの通告を昨年に受け、スペース探しをした結果でした。
新スペースは時間貸し駐車場の上の空間を利用するプロジェクト、この外堀通りは計画道路地域で、
高層の建物を恒久的に建築出来ないのを逆手に取って考えられた空間です。
昨年の春過ぎから練られてきたプロジェクトで、天井高を6メートル近く取ってくれると言うので
魅力を感じ参加を表明して、話を進めてましたが9月のリーマンショックで一度は諦めかけたのですが、
このプロジェクトを手がけていた企業が、私達の現代アートギャラリーの活動を文化事業として評価して戴き
良い条件での賃借が可能になった次第です。
中目黒の建て替え話も延期になり、迷ったのですがこちらはミヅマ・アクションとして2011年末まで
活動することにしました。
ギャラリーの空間はとても重要なもので、作家にやる気を起こさせる、チャレンジ精神を刺激させる場所を
提供することはギャラリストの使命です。会田誠はかってこんなリクエストを申してました。

同じスペースで展覧会を3回やると飽きてしまうので引越しをしてください。
1度目はドキドキで失敗するかもしれないが楽しい、2回目は経験を活かせるのでたいていは上手く展示できて、
3回目になると分かってしまった空間なので制作意欲が減退すると言ってました。
マンネリズムが大敵の会田らしい話ですが重たいリクエストです。

1994青山、2002中目黒。2009市谷田町、乞う期待!

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2009-10-27 10:27 | ギャラリー情報
<< 美術商 DEFRAG >>