あけましておめでとうございます
2010年の年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

5日より北京に来ております。
40年ぶりの猛寒波が来襲中で大雪に-18度、体感気温-23度の極寒状態です。
ヒートテックにお世話になっています。
中国の新年は旧正月で、今年は2月14日からですので、こちらは年末年始は数日の休みのみで、
皆さん活発に動いております。とは言ってもこの寒波で、道路は凍結で学校も休みになったり混乱中です。

さて2010年はどんな年になりますか、誰しもが景気回復を願っていますが叶えられる年になるのでしょうか?
巷間噂されている二番底があるのでしょうか?
アート界は不況は一番先にやってきて好況は一番最後にやって来る業界なので、
景気には敏感に左右されます。

いずれにせよ現代アートマーケットは日本には期待がもてそうも無いので、
今年もアジアを中心に動き回ることになりますね!
これは我々の業界だけでなく、日本企業は皆さんアジアが生命線のようで、
ここでの成否が業績を左右する時代に入ったと言うことですね。
その割りには国際感覚に欠ける企業が多いようで先行きが心配です。
日本はどうなってしまうのだろうか?
有名大学の4年生の就職率が昨年末に5割に満たない状況の話を聞かされ暗澹とした気分にされました。

今回の不況は日本だけが回復が遅れているようで、その原因は根が深そうです。
年明けそうそう暗い話で申し訳ありません。
ミヅマアートギャラリー市谷田町では天明屋展が1月末まで開催中です。
不況時代は侘び寂びではなく、思いっきり傾けと豪語する天明屋の作品を見て元気になってください。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-01-07 11:22 | その他
<< にち10 親鸞 >>