カテゴリ:ギャラリー情報( 26 )
青山悟展いよいよ29日まで!
青山悟展「The Man-machine(reprise)」もいよいよ来週の29日でクロージングをむかえます。
現在、国際芸術センター青森(ACAC)にて、アーティスト・イン・レジデンスに参加中の青山悟ですが、
最終の28日、29日は東京に戻り、在廊を予定しています。
まだの方はぜひ一度ご来廊ください!

ACACでのレジデンス情報はこちら
レジデンスの報告会となる展覧会は11月3日(土・祝)-12月16日(日)まで開催されます。

a0128044_2314232.jpg
[PR]
by mizuma-art | 2012-09-21 23:05 | ギャラリー情報
指江昌克展開催中です
指江昌克展の初日より一週間が経ちました!
おかげさまで毎日多くの方にご来廊頂いています。
a0128044_1616582.jpg


















指江の作品中に描かれる多くの方が懐かしさを感じる街並み。
これらの作品はしばしば遠景の近代的都市と対比的に描かれています。

とはいってもこれらは決して失われた風景ではありません。
時代の変化と共に見えづらくなっているものの…
今日の風景の片隅にもひっそりと存在し続けているものたちです。
かつてこれらは現在を代表する風景でした。

今展でも自動販売機やネオンサインをモチーフにした作品が並びます。
a0128044_16491335.jpg
















そういった看板や自動販売機の代表格であり、指江の作品中にも
たびたび登場するコカコーラ社よりご協賛を頂きました。
a0128044_1711625.jpg



















オープニングレセプションでは雰囲気に合わせてご提供はクラシックボトルで!
コカコーラを使ったカクテルも好評でした☆


指江昌克展は今月末までの開催です。
作家にとって新しい試みも多い今展、会期中にぜひお運びください!

指江昌克展「見えざる手」(~3/31まで)
http://mizuma-art.co.jp/exhibition/1326960175.php
[PR]
by mizuma-art | 2012-03-07 11:00 | ギャラリー情報
オンラインショッピングお休みのお知らせ
誠に勝手ながら、弊社オンラインショッピングは8月14日(日)から21日(日)まで夏期休暇を頂戴いたします。上記期間中、ご注文およびお問合せメールの受信は可能ですが、メールの確認および返信、ご入金確認、発送等の業務は全て8月22日(月)以降順次対応となります。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

尚、市谷田町ギャラリースペースでは8月20日(土)まで堀浩哉 展「起源 -naked place-」を開催しております。お近くにお越しになる際はぜひお立ち寄りくださいませ。お待ちいたしております。(※オンラインにて販売の書籍・グッズ等は店頭販売も行っております。)

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ミヅマアートギャラリー(市谷田町)
開館時間: 火曜日から土曜日の11:00-19:00
休廊日 : 日曜・月曜・祝日
[PR]
by mizuma-art | 2011-08-10 15:13 | ギャラリー情報
アートフェア京都が始まりました
昨日からホテルモントレ京都で、アートフェア京都が始まりました。
初日から多くの人が訪れてくださり、初夏の京都は大変賑わっています。
明日までですので、皆様どうぞお立ち寄り下さい。
ミヅマの部屋は408号室です。
お待ちしております!
a0128044_9564684.jpg

【 開催期日 】 
2011年5月20日(金)・21日(土)・22日(日)
時間 / 11:00~19:00

【 開催場所 】 
ホテルモントレ京都 4 階・5 階フロア
〒604-8161 京都市中京区烏丸通三条下ル饅頭屋町604
http://www.artfairkyoto.com/top.htm
[PR]
by mizuma-art | 2011-05-21 10:00 | ギャラリー情報
ミヅマ・アクションは2月11日(祝日)開廊です!!
1月12日からミヅマ・アクションで始まった大島梢展
ご覧いただきました皆様より大変嬉しい評価をいただいております。
そこで、2月11日(金)の祝日はギャラリーを開けることになりました。
まだご覧いただいていない方、もう一度見たいという方。
是非、中目黒に足をお運びください!!

また、作家による作品解説もこちらから読むことができます。


a0128044_18535466.jpg

[PR]
by mizuma-art | 2011-01-30 18:54 | ギャラリー情報
VIP Art Fair に参加します!
去年夏にニューヨークからいらしたJames Cohanさんから初めてVIP Art Fairの話を受け、いよいよ1月22日~30日に行われる世界で史上初のオンラインアートフェアまで、あとわずか24時間です。
世界30カ国から139件のコンテンポラリーアートの最先端を走るトップギャラリーが今まで存在しなかった技法で2200人以上の7500点を超えるアートワークをウェブ上でたった八日間だけ無料で閲覧可能になります。
ぜひ、お見逃しなく!



a0128044_21064.jpg

URL:http://vipartfair.com
開催期間:2011年1月22日 22:00 (日本時間) から
     2011年1月30日 21:59 (日本時間) まで
     ※24時間ご覧いただけます。
アクセス料:無料
※ギャラリースタッフとのチャット機能のご利用やVIPラウンジへのアクセス、価格帯の表示などにはVIPパスのご購入が必要になります。

ミヅマからの参加アーティスト一覧
会田誠
青山悟
岡田裕子
倉重迅
鴻池朋子
近藤聡乃
Jun NGUYEN-HATSUSHIBA
棚田康司
天明屋尚
DU Kun
宮永愛子
山口藍
[PR]
by mizuma-art | 2011-01-21 21:06 | ギャラリー情報
石井亨展
現在ミヅマ・アクションにて石井亨展「都市の時間」が好評開催中です。
a0128044_15422164.jpg

作品はすべて友禅染でできており、その技術の高さや色彩感覚には脱帽です。

作家は週末に在廊している予定です。
展示は10月2日までですので、まだご覧になっていない方は是非中目黒ミヅマ・アクションへ足をお運びください!
[PR]
by mizuma-art | 2010-09-22 16:08 | ギャラリー情報
丸田作品のご紹介
ミヅマ・アクションでは2F 丸田斎展「平和と波動」、5F Robert Waters “MAN”の会期が1週間を切りました。
今回、「愛」や「平和」をテーマに制作を続けている丸田斎展の展示から10メートルの大作以外から二点、作品を紹介します。
a0128044_15463842.jpg

十ヶ月を費やして今年完成した「世界平和」では、邪気払いの効果を持つとされる般若が人類が犯してきた争いによる負のイメージをキノコ雲の形で口から吐き出しています。



a0128044_17152433.jpg

a0128044_171365.jpg

戦争により亡くなった人々を数え上げるかのように表された無数の人や靴、被爆直後の長崎の町並などが描かれています。

a0128044_1703489.jpg

雲の中では古今の兵器が鳥によって空高く舞い上げられ、また鳥が苦悶に顔を歪める人の横顔を形成しています。


a0128044_1731153.jpg

もう一枚は「地上天国」。
会期直前に出来上がった最新作は画家が積極的に油絵具を用いた作品です。
ロットリング社の製図用ペンで0.1ミリの点を打ち続けていた画家は本作において約0.01ミリ大の点の表現を試みています。

a0128044_1735156.jpg

顔を近づけて見ていくと、小さい点がたくさん打たれています。

作品は、丸田が、私達が生きる地上世界においても魂のみが出会う奇跡のめぐりあいがあると聞いた話を基にしたものです。


会期もわずかとなりますが、カメラでは捉えきれない丸田作品の魅力を
是非お越しになりご覧頂ければ幸いです。
[PR]
by mizuma-art | 2010-08-07 17:35 | ギャラリー情報
会田誠展オープニングのお知らせ

いよいよ5月6日(木)より会田誠展「絵バカ」が始まります。


会田は1週間程前から例のごとくギャラリーに泊まり込み、加筆の作業に入っています。
a0128044_1813075.jpg


オープニング当日は18時~20時まで作家を囲んでレセプションを開催いたします
ので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来廊ください!
※19時30分からは出品作品に関連した軽い出し物(パフォーマンス?)も行います※
[PR]
by mizuma-art | 2010-05-04 18:15 | ギャラリー情報
真島直子展「密林にて」
ニューヨークから帰国した翌日は中目黒のミヅマ・アクションで開催されている真島直子展の初日でした。
鉛筆絵画とオブジェ作品は近年ますます凄みを増し、未踏の大地にうごめく新生命体を呼びよせたかの
ような真島の作品の迫力には脱帽しました。
2007年に制作された《密林の女神》と名づけられたオブジェをコレクションした、北京在住のコレクターが
自宅に飾ったら、一人娘が余りにも怖がるので展示を断念した話を思い出しました。

そういえば真島直子のスタジオは越谷の商店が立ち並ぶ一角にあるのですが、
近所のイタズラ餓鬼どもが悪さをすると、真島さんのスタジオに閉じ込めるからと親達が叱ると
大人しくなると言うエピソードがあるようです(笑)

3月中旬には北京に行きました。
会田君の大作の進行チェックとその後の再開発問題の取材をしてきました。
岩間君ともランチを食べながら後日談を聞きました。
100名を超える武装集団がスタジオの向こうにある草地から、匍匐前進して来て一気に襲って来た話には
背筋が寒くなりました。
この武装集団が再開発計画を進める為に組織化されていて、抵抗分子を排除する暴力装置になっているのですね。
中国に登場してきた赤い資本家達の手先は貧しい農民工たちで、かれらが安い労賃で雇われ、
暴力団化している悲しい構図が見えてやり切れません。

北京三潴は草場地村にあるのですが、東側一帯は空港にかけて、一大金融センターを作る計画のようです。
そして西側はショッピングセンターやホテルや大規模団地を計画。
私どものギャラリーも計画のど真ん中にあり、遅かれ早かれ開発の嵐はやってくるようです。
噂では草場地村はブロードウェイ化する話もあるようです。
中国の再開発はスクラップ&ビルドで、全てを完全に壊して建設する、かっての日本の高度成長期のようで、
いつか来た道を隣の中国でもやっているんだなと思いました。
中国の建物は鉄筋が入ってない煉瓦造りの建物が大半なので、ユンボで上から叩けば簡単に潰れるようです。
北京ミヅマの明日が見えたようでやり切れません。
会田君にギャラリーの建物に自分の首と鎖を結んで、抵抗したらと提案されましたが、これって会田の犬シリーズ?笑いました。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-03-31 10:09 | ギャラリー情報