カテゴリ:その他( 32 )
訂正:創意正陽藝術区情報続編 
【内容を一部訂正しました】
こん棒を持った100人以上の暴漢は深夜に岩間君らを襲い、6名のアーティストに怪我を負わせました。
北京は春節の休み中で、田舎に帰郷した者も居て警備が手薄な時期を狙った計画的な犯行のようです。
警備は当番制で当日は2名が寝ずに巡回警備中で、他の4名は偶然居合わせたようです。

襲撃は深夜2時前に4台の大型ユンボが敷地内に進入してきたことから始まりました。
突然の進入を不審に思ったアーティストたちが全員で外に様子を見に出てきたところ、
裏門に隠れていた100人以上の暴漢が突如襲い掛かって来たとのことです。
暴行は屋外で行われましたが、暴漢たちは建物のガラスを割るなど、警備当番が待機している宿直室に
侵入した形跡も見られたとのことです。
暴行中に岩間くんが首にかけていたカメラを奪い破壊した上、その中に入っていたメモリー・カードを
抜き取る等、乱暴狼藉を働いたとのこと。
宿直室に置いてあった彼のパソコンも建物を破壊する際に落ちてきた材木などにより壊れてしまいました。

今回の暴漢たちはプロのようで、立ち退きを拒んでいる地域に出没して暴力を振るって、住民を怯えさせ、
力ずくで退去を迫るやり方は社会問題化しています。
この連中を雇っているのはディベロッパー(建物の大家、オーナー)で、政府からの補償金を一刻も早く
貰うために、追い出しに使っています。

世界史レベルでみても、現在の中国は人類史上最高の建築ラッシュです。
このため長年住み慣れた家を追われ、村が取り壊しになる事態が全国的に発生中です。
最近は所謂CHAI(政府命令に寄る退去勧告)に対して補償金が支払われるようになり、多少は改善され、
住民たちも抵抗せずに明け渡すようになっている中国です。
ところがこんどはこの補償金目当ての悪質なディベロッパーが暗躍して、今回の事件のような事が頻発
しだしているようです。

私どものギャラリーがある北京市の草場地区周辺にはアーティスト村がたくさん在りますが、再開発計画で
スタジオが取り壊されたアーティスト難民が多数発生しています。
こうした難民アーティストの一部のグループが天安門広場で抗議活動を行ってます。
彼らは反中国ではなく、理不尽なCHAIと悪質なディベロッパーの横暴に対して抗議しているのです。
しかしながら一部のマスコミが反中国活動と歪曲した報道をしているようです。
彼らは補償金を持ち逃げした、悪徳不動産屋やディベロッパーに対して不正義を正しているのです。
決して反中国活動をしているわけではありません。
誤解のないように願います。

怪我を負った岩間君らは幸い大事に至らず、こちらもひと安心しましたが、これからも気が抜けません。
正当な権利が正当な方法で彼らに与えられることを願っています。
日本人アーティストの岩間君が傷害被害を受けた(外国人としては初めて)、
今回の事件に対し外事部は相当気を使っているようです。
明日は我が身かと草場地区のMizuma & One Galleryの先が思いやられます。

三潴

=============
ミヅマ北京スタッフより岩間事件報告

岩間さんの件ですが、日本のニュースでも取り上げられていたかもしれませんが、頭を4針縫い、
体中を殴られるという酷い状況だったようです。
多少の不便はあるものの、現在体調に目立った問題はなく、近日中に抜糸もできるだろうとのことでした。

立ち退き命令が出てからずっと続けていたアトリエの見守りを狙っての襲撃だったらしく、春節中は通常2名
だけで行っていたそうですが、当日はたまたま別件で来ていた4名もおり、合計6名だったために、
襲撃を受けているときにも、外部に連絡を取ることができた、2名だけでは、何もできなかっただろう、
とのことでした。

土地の権利自体を売却するという動きがあるため、大家との話し合いではなく、外部の人間も加わり
今回のような実力行使に出始めたのだろうとのことです。
芸術区は大きな土地を一組の大家が管理しているため、立ち退き手続きが、こまかく分かれている民家に
比べてやり易いようで、芸術区は簡単に免れられない状況のようです。

当日は公安が来ても、芸術家達に良いように動くわけでもなく、襲撃した人たちを車に乗せていっただけで、
そちらを保護するような態度だったそうです。
大型ユンボ4台で乗りつけ、一気に建物を壊していき、隋建国の作品も、破壊されてしまったそうです。
(彼が倉庫に使用していた建物がありました)
その襲撃の翌日、建国門でそれに反対する芸術家たちのデモが起こり、それを受けて、中国国内では、
メディア規制がありこの件に関しては国内での報道はあまりありません。

たまたま当日そこにいたのが岩間さん(外国人)だったために、問題が大きくなり、警察でもケガに対して
入念に調べられたようですが、それも警察のただのパフォーマンスかもしれない、というのが皆の見解のようですね。

今回の黒幕が誰なのかはまだはっきりとわかっていないようで、公安も芸術家の味方をするわけではないので、
もはや成す術なし、という感じかも知れません。

草場地も、早くて6月には取り壊しになるかも、という噂が再浮上しています。
[PR]
by mizuma-art | 2010-02-25 12:50 | その他
創意正陽藝術区の騒動
先般、北京市の草場地区周辺の村が再開発計画により、突然立ち退き命令により退去される事態が
5つの村で起きていることを書きました。

この5つ村の中には創意正陽藝術区と呼ばれるアーティストが多数居住している地区が含まれていました。
ここに日本人作家の岩間賢氏が3年前からスタジオをもち、奥さんとお子さんの4人で生活をしてました。
昨年の11月初めに大家から突然、月末までに立ち退くよう通告され、10月に1年分の家賃を払ったばかり
での事態に吃驚して、他の作家たち(50名)と共同で大家に対して抗議と撤回を求める活動を開始して
いました。

作家の中には10月に新規に契約して入居したばかりで、ようやく内装工事を終えて住みはじめた者もおり、
余りにも理不尽な対応に怒り、大家の会社に押し掛けたところ、会社は偽装倒産でもぬけの殻。
状況を調査したところ、北京市は空港近くのこれらの地区に一大金融センターを計画しており、昨年7月に
関係地区の村役場や建物所有者には通告済みであったようです。

岩間君らが賃借していたアーティストのスタジオの大家は、こうした事実を隠蔽して、ぎりぎりまで家賃を
集め、偽装倒産して雲隠れしました。
建物の所有者には政府から補償金が払われるようで、大家としては、一刻も早く居住者を立ち退かせるため、
抵抗するアーティストへの見せしめで、電気や水道の供給をストップしたり、様々な嫌がらせを行っていました。
発電機を持ち込んで頑張り続ける作家たちへの嫌がらせは続き、深夜に建物のガラスを割られたり、
不穏な状況に岩間君は家族を避難させ、一人泊まりこみをしながら、仲間の作家たちと夜警や政府への
抗議活動や裁判を起こしたり積極的な活動を行っていました。

朝日新聞によれば22日未明に100名近い暴漢がこのスタジオ地区を襲い、岩間君は頭を4針縫う怪我を
負ったようです。
詳細については、現在調査中です。
あいにく北京ミヅマは春節で休みなので明けたら続報を書きます。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-02-23 15:09 | その他
北京のコレクター
北京からニュースが飛び込んできた。
中国で最も有名な現代アートのコレクターの張 (Zhang Rui) 氏が役人に賄賂を贈って逮捕され、
美術品の税金をまじめに払って無い事も判明して「美術品密輸入」の罪にも問われることになったとのこと。

中国に作品を輸入する時は代金の17.5%の増値税を払わなければなりません。
張氏は香港や日本のオークションでも派手に作品を購入していました。
北京市内に素敵なコレクションルームを持った邸宅があり、何度もお邪魔したことがあります。
東京のミヅマアートギャラリーに来たこともあり、親しくしていたのでショックです。
北京の現代アートマーケットに少なからずの影響が出ると思われます。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-02-08 13:44 | その他
節分
節分祭に参列しました。
茨城県の笠間市にある出雲大社まで行きました。
ミヅマの作家のM嬢が年女なのでお祓いを兼ねての参加です。

お餅からお菓子、家電製品などの当たり券も撒くので、境内は人々で一杯でした。
皆さん、お慣れのようでダンボール箱やビニール袋を準備して待機。
ドンと太鼓の音と共に拝殿から年男年女が一斉に撒きだすと、場内は歓声と怒号と悲鳴で混乱。
どうりで警察官達が待機しているのか理由を納得。
まあみなさん慣れていること、早い速い(笑) 楽しいひと時でした。  

節分が過ぎると春分に向かい一歩一歩春が近づいてきますね。
でもまだまだ寒い気候が続きます。
ミヅマギャラリーは天明屋展「風流(ふりゅう)」が終了。
10日からの山口藍展「きゆ」の準備が始まりました。
北京は会田君が例のサラリーマンの山の大作の続きを描きに滞在制作中
中目黒では烏丸由美展「ぼくたちの東京ストーリーズ。」が開催中です。

5日は東京都現代美術館でMOTアニュアル展のオープニング。
10回目の今展には森淳一が出展。
「装飾」のタイトルには違和感がありますが、皆さんレベルの高い作品の展覧会で好感がもてました。

そういえば、先日 芸大の卒展に行きました。
そつのない作品ばかりが並ぶ秀才展で 魅力的な卵には出会えませでした。
おばかで過剰なエネルギー溢れる作品を創作して欲しいと思いました。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-02-08 11:02 | その他
日本
先日バンタンデザイン研究所でアートイットの編集長の小崎さんとトークをしました。

博学の編集長相手に恥をかいたのではないでしょうか。
日本的なるものとは一体何であるのか?
日本を知っているようで実は何もしらないのではないかと思う2時間の冷や汗のトークでした。

日本を顧みるには様々な視点があるでしょうが、小崎さんからのレジュメを参考に再考しました。

「風土、地理、気候、食文化、身体的」視点を基に考えると次のようなことが連想される。
照葉樹林文化、海上の道、島国、四季、温帯、海洋性気候、火山、温泉、地震、稲作、米食、漁業、魚食、
発酵食、モンゴロイド的特徴(黒髪、黄色い肌、蒙古斑)

「宗教、文化」からは アニミズム、神道(多神教、八百万の神々)、大乗仏教、儒教、中国(漢)文化(書、茶、漢字)、
大和心、もののあわれ、平仮名、片仮名、天皇制、賎民差別、和歌、言霊思想、桜、散華精神、無常観、能、
狂言、文楽、歌舞伎、枯山水、借景、5音階、4拍子など。

「現代社会、経済」からは非欧米圏では最初の近代化と国家主義、敗戦、被爆体験、工業科学立国、長寿、
高齢化社会、経済力、低い貧困率、大衆消費社会、自殺率など

「現代社会、文化」からは漫画、アニメ、大衆文化、アメリカナイゼーション、ファッション。
こうした視点から日本再考をしたいと思うがかなり、時間がかかる研究になりますね。

ところで会田誠は現代日本のよくない事情、暗部や恥部をアイロニカルに、時にはエロく、グロく描くが、
日本のイメージはどうも日本人自身も外国人が長年描いてきたものが優先されているようで問題です。

桜、富士山、花鳥風月、花見、わび、さび、幽玄、温泉、紅葉狩り、菊と刀、武道、武士道、禅、神道、
伊勢神宮、神社、仏閣、京都、奈良、芸者、舞妓、将軍、刺身、寿司、相撲、盆栽、華道、茶道、柔道、剣道、
浮世絵、能、歌舞伎、狂言、屏風、掛け軸、畳、布団、着物、漆、竹、月見、等など。
これらは伝統的な日本の表象である。

外国人から見た日本の代表的なイメージなんですね。
いつまでもオリエンタリズムではないでしょう。
こうした歴史と深く結びつきながらも、現代日本の本質を出していかないと、
イメージ先行の中味の薄い化石日本になってしまいます。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-02-03 16:11 | その他
京都
13日に京都の平等院を作家の山口晃と訪問。
a0128044_10292915.jpg

住職の神居文彰氏の案内で普段は拝観出来ない奥の院まで見せて戴き至福の時を過ごせました。
千年前に建造された平等院には極楽浄土を希求した平安時代の絵師、仏師たちの思いと人々の
篤い信仰心が崇高な美と姿になって息づいてました。

夕日に光り輝く鳳凰堂に後ろ髪を引かれながら寒い京都から大雪の金沢へサンダーバードで移動。
大陸で経験した大寒波が日本海側に到着したようで積雪40センチの金沢でミヅマでの展覧会を
終了したばかりの指江昌克夫妻と居酒屋で寒ぶりを肴に一杯やりました。
翌日はオラファー・エリアソンの展覧会を開催中の21世紀美術舘を訪問。
その後コレクター宅に作品の納品に行き、ここでも鰤しゃぶと美味しい日本酒をご馳走になりました。

15日は大阪の国立国際美術舘で開催される《絵画の庭 ゼロ年代日本の地平から》展のオープニングに出席。
ミヅマからは会田誠、O JUNが出品しています。
28名による近作と新作、200点が展示された本展は久方ぶりの見ごたえのある絵画の展覧会です。
是非ご高覧ください。

ところで日本橋三越では13日から18日まで三越美術特選会が開催されていました。
今回は特選会初めての試みとして現代アートギャラリーの東京画廊とミヅマギャラリーが招待を受けて、
現代アート作品の展示販売コーナが設けられました(ミヅマは天明屋尚の作品を展示)。
これは100年の歴史を誇る三越美術部が日本画、洋画の枠を越えて現代アートのジャンルまで
その門戸を開いた画期的な出来事なのです。
17日の午後にこの会場で東京画廊の山本豊津氏、作家の松浦浩之氏、天明屋尚と私とでトークをやりました。
大勢の来場者の皆さんの現代アートによせられる関心の高さには吃驚しました。
こうした機会で新たなアートマーケットが開かれればよいなと思いました。
山本さんのお話は面白かった。
又ゆっくり話したいと思いました。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-01-22 10:30 | その他
中国
厳寒の北京、寒いのは気温ばかりではないようです。
世界の景気回復の原動力として注目と期待を集めている中国ですが、
負の面に目を向けると問題山積の共産党独裁国家なのです。
基本的人権や言論の自由は抑圧されたままです。
米国も国債など経済的に中国に頼らざるをえない面があって、かってのように強く批判しなくなりました。
しかしながらなにも問題は解決しておらず、最近は政府を批判する分子の早期摘発やNET規制(グーグル問題)
の強化など言論抑圧が酷くなっているようです。

最近森美術舘で個展を開催したアイ・ウエイウエイをみなさんご存知だと思いますが、
彼は中国には言論の自由が無いことや基本的人権が踏みにじられている現実を告発して
政府批判を繰り返していて睨まれているのです。
先の四川地震で学校の建物が崩壊して大勢の児童生徒が亡くなった問題を調査して、
建物の欠陥など隠蔽された件を告発したために公安に捕まり暴行を受けたり、
ブログを閉鎖されたり弾圧が始まっているようです。
彼が経営する会社を調査中で脱税をでっち上げられて捕まるのではともっぱらの噂になっています。
森美術舘での展覧会に生徒達が使用している通学鞄を繋げて龍に見立てて、
亡くなった子供達への鎮魂の作品を展示していましたが、
あの作品には隠蔽された真実を告発するポリテイカルなメーセージが込められていたのですね!
もの言えば唇寒しの諺がありますが、この国では本当のことを言うと牢屋にぶち込まれる危険と
隣り合わせである事を実感させられます。

北京ミヅマは朝陽区にありますが、昨年から近隣地区でCHAI(取り壊し命令)により5つの村が閉鎖、
立ち退き後取り壊し命令が出ています。
CHAIが発令されると問答無用で強制的に退去させられます。
わずか5キロメートル先のベイカオ村にCHAIが発令され、いよいよ草場地村にもと噂が飛び交い
2010年初頭から騒々しいです。
賃貸借契約書には自然災害や政府命令による不可抗力が原因の場合(土地の使用停止)は
補償無しで立ち退かねばならないとの条項があります。
政府命令は不可抗力なんですね!
共産党には逆らえない現実を前になす術もなく泣き寝入りさせられるようです。
幸いに草場地村はまだ大丈夫なようです。
でもこの村にはアイ・ウエイウエイがデザインした建物(ミヅマ北京)群が多数在り、彼のスタジオも近くなので
遅かれ早かれCHAIが出る恐れがあります。
ギャラリーはコマーシャルがベースですが、アートは芸術は時代の不条理には抵抗するものなので、
アイ・ウエイウエイへの不当な弾圧や理不尽なCHAIが草場地で起これば闘うしかないかと覚悟される新年でした。
こんな内容のブログを書くと中国への入国拒否にあうかもしれませんね!

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-01-18 10:49 | その他
あけましておめでとうございます
2010年の年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

5日より北京に来ております。
40年ぶりの猛寒波が来襲中で大雪に-18度、体感気温-23度の極寒状態です。
ヒートテックにお世話になっています。
中国の新年は旧正月で、今年は2月14日からですので、こちらは年末年始は数日の休みのみで、
皆さん活発に動いております。とは言ってもこの寒波で、道路は凍結で学校も休みになったり混乱中です。

さて2010年はどんな年になりますか、誰しもが景気回復を願っていますが叶えられる年になるのでしょうか?
巷間噂されている二番底があるのでしょうか?
アート界は不況は一番先にやってきて好況は一番最後にやって来る業界なので、
景気には敏感に左右されます。

いずれにせよ現代アートマーケットは日本には期待がもてそうも無いので、
今年もアジアを中心に動き回ることになりますね!
これは我々の業界だけでなく、日本企業は皆さんアジアが生命線のようで、
ここでの成否が業績を左右する時代に入ったと言うことですね。
その割りには国際感覚に欠ける企業が多いようで先行きが心配です。
日本はどうなってしまうのだろうか?
有名大学の4年生の就職率が昨年末に5割に満たない状況の話を聞かされ暗澹とした気分にされました。

今回の不況は日本だけが回復が遅れているようで、その原因は根が深そうです。
年明けそうそう暗い話で申し訳ありません。
ミヅマアートギャラリー市谷田町では天明屋展が1月末まで開催中です。
不況時代は侘び寂びではなく、思いっきり傾けと豪語する天明屋の作品を見て元気になってください。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-01-07 11:22 | その他
韓国より
7倍と5倍。

この数字の意味は?
それはお隣の韓国との比較数字です。
日本の経済力は韓国の7倍あります。
しかしながら国民1人当たりの文化予算は韓国のほうが日本の5倍も高いのです。
経済力は人口が日本の方が3倍も多いので理解できるのですが、
国の文化予算が5分1とはなんとも情けない数字です。

フランスの経済力は日本の4分1しかありませんが日本より大きくかんじられるのは
文化を大切にしている国との姿勢の違いでしょうか!
韓国の文化活動対する並々ならぬ国家的支援は手厚いもので、
われわれのようなコマーシャルギャラリーに対する支援もあるのです。

海外のアートフエアに参加する作品の輸送費のサポートから展覧会への支援など幅広いのです。
日ごろからわれわれ現代美術ギャラリーは文化の輸出を担っていると述べてきましたが、
韓国ではこうした活動に理解を示し支援があるのです。
圧倒的に文化輸入大国の日本の中で文化の輸出をしている貴重なわれわれの活動に対し
もう少し暖かい支援が得られないものでしょうか?

昨今の事業仕分けにより文化予算も削減されたようでなんともお寒い話です。
若手作家の海外研修予算まで削って、若者の未来への夢を見る機会を奪うとは
なんと野蛮で2流国家に成り下がって行こうとしているのでしょうか!
国全体が効率主義に陥ってしまっては危険です。
アーチストは合理主義とは無縁のところで勝手な発想をしていますが、こうした人々の存在こそ
貴重で社会の健全なバランスを保ち一方通行的発想に警鐘を鳴らしてくれるのです。

先ごろアニメの殿堂建設予算が削減されました。
国立漫画喫茶と揶揄されましたが、なんとも低次元な理解度に呆れるばかりです。
日本の漫画やアニメがどれだけ世界中の人々に愛され注目されているか政治家は学ぶべきです。

国際都市東京にはインタナショナルのミュージアムがありません。
NYのMOMA、ロンドンのテートモダン、パリのポンピドゥーセンターと国際都市には
世界中から観光客が押し掛ける魅力的な美術舘があります。

もし国立漫画喫茶(笑)が東京に出来れば世界中から若者や漫画、アニメファンがやって来ると思います。
現代の日本を知って貰うとても良い機会を作ることが出来るのですが残念な話です。

ところで何故韓国の話をしたかと言うと、今年最後の海外行きでソウルに来ているからです。
2009年の出稼ぎ納めはArt AuctionShow In Seoulと呼ばれるフェアに参加しました。
インド、インドネシア、日本からギャラリーを1軒ずつ招待してのフェアで韓国からも参加しています。
ソウルオークションは韓国最大のオークション企業で20日の最終日にはオークションも開催されました。
昨年のリーマンショックにより大幅に韓国通貨WONは下がり、危機的な状況に陥った韓国は
早くも景気回復が始まっており、アートマーケットも持ち直しつつあります。
アジアの中では日本だけが景気回復が遅れています。
原因は沢山あるのでしょうが、日本人の消費力低下は問題です。
アートなんて二の次で市場に資金が回って来ません。

この厳しい現実では2010年もアジアや欧米に出稼ぎに行かなければならないようです。
会田誠は「まず日本で売れて欲しい、世界は二の次で良い」と述べてましたが、
残念ながら日本には当面期待出来そうもないです。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

三潴拝
[PR]
by mizuma-art | 2009-12-22 10:48 | その他
青山悟がトークに参加します
11月13日(金)19:00より青山悟が笠原出さんのトークにゲストとして参加します。
会場は吉祥寺のArt Center Ongoing。
入場料は1000円(1ドリンク込み)です。

お近くにお越しの方はぜひお立ち寄りください。

詳しくはこちらからご覧いただけます。
[PR]
by mizuma-art | 2009-11-12 23:32 | その他