タグ:北京 ( 4 ) タグの人気記事
北京三潴
2008年4月に北京市草場地区にギャラリーを開廊して、3年目の5月に中国人作家DAICHAOの初個展を
開けることになったのは、大変嬉しい。
ギャラリーをオープンした当時は世界の現代アート市場は、この繁栄が未来永劫続くかのような勢いだった。
もちろん中国人作家の作品価格もうなぎ昇りで、香港のサザビーズやクリスティーズでは、次々にオークション
レコードを塗り替えていた。
僅か2年前の話である。

北京におけるアートシーンも、798藝術特区では、新しいギャラリーが続々とオープン。
賃料も高くなり、一部の有力なギャラリーをはじめ、新規にオープンする画廊は草場地区周辺にも開設されだしていた。
しかしながら2008年の9月に米国に端を発したサブプライムローンの破綻は、大手銀行、フアンド、企業、
大口個人投資家、を窮地に追いやり、リーマンブラザースの倒産を惹起した。
そして世界の経済市場は一気に未曾有の大不況に突入して行った。

798や草場地区のギャラリーは次々に閉鎖、撤退。
世界のオークションでは、作品の不落札が増え、価格は暴落した。特に中国人現代作家の価格暴落は厳しいものだった。
90年台初頭に日本のバブル景気の破綻を経験してきた私は、アートマーケットの沸騰に警戒心を強めていたので、
作品価格暴落の被害は発生しなかった。
私が北京に画廊を開設したのは、既に高騰していた中国人作家を取り扱うためではなかった。
東京と比較すると、大幅に賃料の安い北京に天井高のある大型の画廊空間を持ちたかった。
また中国人若手作家を見つけ、育て、世界に紹介する目的だった。もちろん東京ミヅマの所属作家の
展覧会を北京でも開催して、アジアのアートマーケツトの中心に成長するであろうと思われた、この北京の地で
紹介したいと考えたからである。
急成長していた北京の地に画廊を開きベースを築きたかったのである。

しかしながらリーマンショックはアート界にも不況の嵐が襲い、忍耐の時がやってきている。
もともと好況は一番最後にやって来て、不況は真っ先に来るアート市場である。
人々の基本的な生活には不要なアートは、不況になれば省みられないのは致し方の無い業界なのである。
しかしながら、好況時代よりも不況時代のほうが良い作家が生まれるのである。
作家たちも直ぐ作品が売れると、製作に対する真摯さを喪失して、売れ筋狙いの作品ばかり量産するように
なり、藝術とはほど遠い、アートのアウラを失った作品が市場に溢れ出す。

精神性を喪失しては、たんなる商品でしかない。
こうしたものは長続きしないことは歴史が証明している。
私は流行も市場のトレンディな作家には興味がない。
またマンネリズムに陥った量産作家にも興味はない。
コンピュターや複製技術が飛躍的に進歩した現代においても、あくまでも自分の手を通じて制作にこだわり、
細部に神が宿るような作品を作る作家が好きだ。
こうした作家こそ、この浮沈の激しい現代アート界の中でも、生き残り、後世にもその価値を評価され、
歴史に名を刻めるアーティストになると確信している。
これは日本でも中国でも同じ視点で作家の発掘をしている。

中国においては文化や言葉の違いで、作家とのコミニュケーションを取るのは困難ではあるが、
北京三潴の中国人スタッフらの力を借りながら、才能探しを続けている。
13億人が居住するこの中国は才能の宝庫である。
しかしながら目先の成功を追わずに自分のスタイルの確立とより精度の高い作品を制作している若い才能に
出会うのは、この中国においても至難ではある。

幸いにも今回の個展作家のDAICHAO、次回の個展作家DUKUNは、私の眼がねにかなった素晴らしい作家たちである。
a0128044_1405497.jpg

DAI CHAO, Telling Stories, 2009, oil on canvas, 270×110cm

2年間で二人の才能に出会えたのは幸せなことである。
作家も画廊も一朝には成功も大成もしない。
時間と忍耐がなによりも必要な世界なのである。
ようやく歩き始めたばかりの北京ミヅマではあるが、この草場地区にも再開発の計画が持ち上がり先行きが
心配な状況ではあるが、前へ一歩一歩進む決意である。
皆様方の暖かいご支援に感謝します。  

MIZUMA & ONE GALLERY |三潴画廊 ディレクター
三潴末雄
[PR]
by mizuma-art | 2010-05-06 14:11
中国にて3
前回のブログに引き続き、北京からの報告です。

展覧会初日の7月4日は2点の作品のみでスタート。
a0128044_17272235.gif

左:Giraffe -True Brave, Ink and colors on paper, 300×900cm, 2009
courtesy of the artist and Mizuma & One Gallery, Beijing / 2009
右:Fly to the Sky!, Ink and colors on paper Lozenge-shaped kite, 163×198cm, 2009
courtesy of the artist and Mizuma & One Gallery, Beijing / 2009
※どちらも作家が北京で滞在中に制作


大勢の来場者から、ここは中国だからと慰めの?声で励まされました。
通関検査が厳しくなったのは上海万博対策だとか共産党大会前だとか諸説あり。
いずれにせよ7月1日から厳しくなったようで、その前までに通関出来なかったのは残念な話です。
まあ何処のギャラリーも1度や2度は経験せざるを得ない通過儀礼?みたいなもののようです。 
と言う訳で帰国は延期。月曜から木曜までのアポイントは全てキャンセルで、ご迷惑をお掛けします。 

北京は真夏で連日35度を超える暑さ。
唯一の救いは湿度が低く乾燥しているので木陰は涼しいです。
中国の人たちは暑くても冷水や冷たい飲料は摂りません。
冷やすのは内臓に良くないと考える中医学の教えを守ってます。
それで冷えた西瓜はたくさん食べますよ。西瓜は乾いた喉を癒す最高の夏の食べ物です。

2009.7.4
三潴
[PR]
by mizuma-art | 2009-07-06 11:17 | ギャラリー情報
中国にて2
作品が通関出来ずに展覧会初日を迎えてしまいました。作家の木村さんの目が真っ赤でまともに見ることが出来ません。
作品は6月20日に天津に着いていたのですが、役所、業者それぞれの言い分にこちらの状況判断の遅れ等が重なり大変な事態です。

中国では何回かこうした経験をしています。2008年の南京、広州トリエンナーレの初日にジュン・グエン=ハツシバ、
鴻池朋子の映像作品に不具合がありました。これはオーガナイズに原因がありましたが、
北京は自分のギャラリーでの出来事でやり切れません。広州での鴻池さん、今回の木村さんの気持ちも痛いほど分かるので辛いです。
作家があってのギャラリーなのでこの基本的関係を損ねるような事は避けたい事件です。

役所は土曜日曜は休みで通関業務はストップです。こちらは決着が着くまで帰国は延期。スケジュールがたてられず心配です。

2009.7.4.
三潴
[PR]
by mizuma-art | 2009-07-04 20:17
北京三潴情報
突然ですが、ギャラリー情報を密度濃く発信する為にブログを設けました。
このコーナーではより細かい作家の動向やギャラリー情報を皆さんにお送りする事が出来れば幸いです。


第一弾は三潴からのご報告です!

去年の4月、北京にミヅマギャラリー(正式名称Mizuma & One Gallery)を開廊し、1年が経ちました。
沢山の方々から「どうですか」という質問を聞かれます。
その内容はビジネスはどうですか?という事でした。

私が北京に開廊する大きな動機は798や草場地区に良いギャラリーが集まり、
いずれここがアジアのアートの中心地になる、思ったからです。
もちろん不況となった現在も草場地区には他の地区から移動してきたり、
新しくオープンするギャラリーがあり盛り上がっています。

ではアートマーケットはどうでしょうか?
正直に書きますと、マーケットはまだまだ時間がかかるのではと思っています。
理由として、基本的インフラがないという事。
というのも中国には現代アートの公立美術館がありません。
また、人々に作品に対するマナーや教育がされておらず、
多くの人が美術館やギャラリーでの展示で作品に手を触れてしまいます。
中国には富裕層が沢山でてきていますが、彼らの多くは家を建てる事や車、
宝石を買う事に興味があるようです。
中国のアンティークを購入する動きもあるようですが、残念ながら現代アートへはまだ向いておりません。

2004年辺りに始まった中国の現代アートブームですが、バブルの様になった要因は
華僑系、欧米のディーラー、そしてクリスティーズなどのオークションハウスにあります。
中国にはBeijing Poly International Auction Co., Ltd. やChina Guardian Auctions Co., Ltd.などの
オークションハウスもあり、活発に取引がなされていますが、中心はアンティーク部門です。

また、中国マーケットが発展しないもう一つの理由として、税金の問題があります。
美術を贅沢品と見るのか、(中国側からみた)輸入する際の通関時に増置税 (17.5%) がかけられ、
さらにVATとして8%かけられます。作品が売れた時には合計で33.5%もの税金となります。
これがネックとなりマーケットが育たないのです。

このようにマーケット状況やインフラはまだまだこれからです。
ですが、中国はとても魅力的なのです。
13億人もの人口があり、その中で沢山の才能が日々生まれています。
北京には中央美術学院と清華大学があり、優秀なアーティストを排出しています。
そこでは毎年5、6月に卒業制作展が開催され、アジアや中国のギャラリストが詰めかけ盛んにスカウトをします。
上海や四川、天津にも美大があり、そこでも作家が育っています。

アートに関する税金の改正や2000年代に登場したお金持ちが現代アートに興味を持てば、
マーケットが拡大する可能性は非常に高いと思います。
しかし、現在の北京三潴はショールームとしての機能のみとなっています。
そこで1周年となった今年4月に中国の若い作家4人のグループ展を開催しました。

a0128044_1754258.jpg

DAI Chao "The sea under the Cloud"


a0128044_1761974.jpg

LI Zan "GOLDEN TAOTIE"


a0128044_1764080.jpg

LUO Shengling "Lost Child 5"


a0128044_177098.jpg

Meng Yangyang "Juice"


DAI Chao、LI Zan、LUO Shengling、MENG Yangyangという学校を卒業したばかりまたは卒業して1、2年の若い作家達です。
こうした新人作家達の発掘を徐々にしながら世界に発信していきたいと考えています。

さて、これからの北京三潴ですが、7月4日からに木村了子展が開催されます。
作品は8月2日まで北京で展示され、その後台北で展示されます。
8月末からは会田誠が3ヶ月間にわたり、滞在公開制作展を行います。
3メートル×7メートルの新作「The Ash Color Mountain」の制作や「滝の絵」、
「万札地肥瘠相見図」を公開加筆するようです。
北京にいらっしゃる際はぜひお越し下さい!

2009.6.18
三潴


Mizuma & One Gallery
No.241-15 Cao Chang Di Village, Cui Ge Zhuang,
Chaoyang District, Beijing 100015 China
tel: +86-10-5127-3267 fax: +86-10-5127-3268

開館時間:水曜ー日曜 10:00-18:00
休廊日:祝日
月曜、火曜はアポイントのある方のみ
[PR]
by mizuma-art | 2009-06-18 16:59 | ギャラリー情報