タグ:岡田裕子 ( 2 ) タグの人気記事
来たれ若人! 特殊人形劇団 【劇団☆死期】 参加者募集!!!
<主宰:岡田裕子 顧問:会田誠>


a0128044_21253431.jpg



以下のいずれかに当てはまる方は是非ご一報を!(→gallery@mizuma-art.co.jp)


①人形劇に使う人形が作りたい。
②人形のアイデア・スケッチが描きたい。
③人形を途中まで作ったけど、飽きたから、あとは他人(ひと)に任せたい。
④黒子(くろこ)の格好をして(自作であれ他作であれ)人形を操ったりセリフを喋ったりして、演者になりたい。
⑤音響・ビデオ・照明・コンピューターなどの技術的なことをやってもいい。
⑥オリジナルの音楽が作れるから使え。
⑦短いコントなら書けるぜ。
⑧座付脚本家になってやる。
⑨俺は最新の文学や演劇やSFや思想や宇宙論に詳しいから、ブレーンになってやってもいいぜ。



「劇団☆死期」は現在、岡田裕子が参加しているBankARTのスタジオプログラムに於いて始動した
特殊人形劇団です。7月30日(金)~8月5日(木) 11:30~19:30までオープンスタジオを行います。
団員達の制作や撮影の様子を是非覗きに来てください!


詳しくは・・・
BankART HP
http://www.bankart1929.com/

岡田裕子ブログ 「ひびわれ日記」
http://hirokookada.at.webry.info/
[PR]
by mizuma-art | 2010-07-27 21:44 | 作家の仕事
美術商
ギャラリーの引越しと言えば警察に移転手続きをしなければなりません。
美術商の鑑札?は警察が発行。私達は古物商として分類されてます。
ものすごい違和感。書画骨董は昔より贋物の横行や盗品売買があり、警察が取り締まる為との事。
何処にも文化の文の字もありません。
何故 文化庁の扱いにならないのか、現代の作品にも贋物や盗難もあります。
事件になれば警察の管轄になるのは理解出来ますが、コンテンポラリーアートの世界はまさにこの瞬間に
作品が制作され発表されているのです。
アートは優れた国際コミニュケーションのツールです。
私達は文化の普及と輸出を担っている気概を持って活動してます。
警察も所謂文化ですが、それは現代アートとは異質のもです。
そろそろ旧い袋から脱却して装いを新たにしたいものです。
気分が重い警察届け出制度を変えましょう。

引越しの話題ばかりでしたが、中目黒の方では2階で岡田裕子が飛んでいる作品を展示中、
5階ではO JUNと森淳一が2人展をやってます。
O JUNは前回は棚田康司と2人展をやりましたが、今回選んだ相手は森君。
ミヅマでは初のお目見えの森君の彫刻は超絶技巧の日本の匠の精神を持ち、
しかも現代的センスと批評性を内包した作品です。
是非見にきてください。

棚田と森は日本の彫刻界の若手最右翼と最左翼の作家と看破したO JUNの確かな審美眼に敬服。
そして森君のような秀でた作家を今までリプレゼントしてるギャラリーが無かった事を嘆きつつも、
私にチャンスが来た巡り合わせに感謝してます。
新しい才能を迎え入れ、一緒に世界に撃って出られることはギャラリスト冥利です。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2009-10-30 11:17 | ギャラリー情報