タグ:棚田康司 ( 3 ) タグの人気記事
G-tokyo
2010年もはや2月。
1月は三越日本橋での初の現代アートが参加した美術特選会に参加、棚田康司が第二十回公益信託タカシマヤ文化基金の「タカシマヤ美術賞」を受賞、27日には中目黒のミヅマ・アクションで烏丸由美展の開催。
烏丸はボローニヤ在住の作家です。

そして六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーで15軒のギャラリーが参加したアートフェア
G-tokyo2010)が29日より開催。
ミヅマアートギャラリーも参加しました。
我がブースは山口晃の個展形式で「柱華道」と題し、電柱(笑)をモチーフに作品を披露。
高さ3.8メートルの電柱を建てました。
a0128044_17265877.jpg

3日間だけの初めてのフェアでしたが、来場者が5千人近くもあり成功の内に終了しました。
参加画廊の売り上げは総じてよかったようで、不況にめげずにアーティストもギャラリーも頑張っていました。
ミヅマも好成績で有難うございます。
これも山口晃の電柱効果でしょうか、明るいひと時でした。
しかし山口の創案の電柱に皆さん大喜びで、大勢の人が押し掛け嬉しい悲鳴でした。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2010-02-01 17:28 | その他作家情報
タカシマヤ賞
棚田康司が第20回タカシマヤ美術賞を受賞いたしました!

タカシマヤ賞は有能な作家の発掘・支援と豊かな芸術文化の創造を目指し、
時代を担う新鋭作家に贈られるものです。

他には伊庭靖子さん(絵画)と八木幾朗(日本画)さんが受賞されました。
a0128044_1227485.jpg

写真提供:『アートコレクター』細川英一
[PR]
by mizuma-art | 2010-01-21 12:29 | その他作家情報
パレルモ
イタリアのパレルモに行きました。
パレルモはシチリア島にある風光明媚なリゾート地として人気の場所です。
15世紀までは地中海の要所として栄えていた都市で歴史的な建物や美術品が多数残っています。 

Palazzo RisoとPalazzo Abatellisの二つの美術舘でESSENTIAL EXPERIENCESの展覧会が開催され、
棚田康司の彫刻作品が展示されたので作家と行きました。
イタリアは彫刻大国ですが、近年は木彫の作家が不在で棚田の作品は新鮮な驚きを持って高い評価を戴きました。
展覧会作家は大御所ばかりで棚田が一番若手でした。
Marina Abramovic、 Jan Fabre、 Gilbert & George、 William Kentridge、 Anselm Kiefer、 
Ufan Lee、 Roman Opalka、 Gerhard Richter、 Michelangeio Pistoletto、 Giuseppe Penone、 
Gunther Uecker達の大作が展示されてました。
キュレータはフランスの美術舘の館長のLorand Hegyi氏で棚田展の時にミヅマアートギャラリーに来て、
作品を気に入り展覧会に招待を受けた次第です。
現代アートの美術史に残る作家達が一同に会し、棚田も私も興奮気味でカタログにサインを貰ったり、
一緒に記念撮影をしたり、ミーハー振りでした。

a0128044_1245556.jpg

写真はローマンオ パルカ、ローランド ヒギー、棚田康司、と展覧会のコーディネーションを担当したリーさんです。

ところでこのパレルモは日本に近代彫刻を初めて紹介したヴィンセント ラグーザの出身地です。
ラグーザは1876年に明治政府に招かれて来日し、東京芸大の前身の工部美術学校で西洋スタイルの
彫刻を教えました。
日本人のお玉さんと結婚して、パレルモに戻り工芸学校を創立したそうです。
お玉さんは絵描きで彼女の作品は芸大にも所蔵されています。
もちろんラグーザの彫刻も所蔵されています。
120年前に始まった日本の近代彫刻は、棚田にも受け継がれ、不思議な縁を感じました。
展覧会は来年の2月末まで開催されます。

三潴
[PR]
by mizuma-art | 2009-11-26 12:06 | 展覧会紹介